敏感肌を皮膚科で治すなら

やっかいな敏感肌の原因とは

敏感肌の人は季節の変わり目やちょっとした天候の変化が肌のコンディションにも影響するため、必要に応じて対応していかなければなりません。

長い間悩まされている人の中には、未だにきちんとした対処法が分からずにコンディションがコロコロ変化してしまうことで憂鬱になっている人もいるでしょう。

しかしきちんと向き合っていけば改善することは十分可能ですし、綺麗な肌をキープできるように自分に合った方法を見つけてください。

まずはじめに敏感肌の原因になっているのは冒頭であげた季節の変わり目や天候の変化などもあげられますが、もっと根本的な部分で言うと肌質が関係しています。

肌質はもともと生まれ持ったものなので変えることはできませんから、自分がどのような肌質なのか、どういうスキンケアをすればいいのか理解しておくことが大切です。

正しいスキンケアができていれば、それだけでかなり違ってくるので、そこがスタートと言えるでしょう。

“敏感肌を皮膚科で治すなら” の続きを読む

ニキビにおすすめの病院

ニキビとは

ニキビとは、顔にできる発疹のことです。

思春期にかけてよくみられる症状から「ニキビは青春の証」と言われますが、思春期を過ぎてからもニキビができることがあります。

大人の場合は「吹き出物」と呼ばれていますが、どちらも「尋常性ざ瘡」という皮膚の病気に変わりありません。

軽い症状の場合は時間が経てば自然に治りますが、症状が重いものとなると治るのに時間がかかります。

悪化すると人前に顔を出せなくなってしまいかねないので、早い目の処置をおすすめします。

ニキビを病院で診てもらうことは可能?

ニキビは病院で診てもらえるのかと、不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。

ニキビにかかっているからとは言え生命の危機に陥るわけではないので、病院に行くことを「大袈裟」と捉えているかもしれません。

しかし先程も述べたように、ニキビは皮膚の病気の一種です。

病気にかかっている人が病院へ行くことに対して、異論を唱える人は流石にいらっしゃらないでしょう。

ニキビができたら、即座に病院の診察を受けることをおすすめします。

ニキビ診察の流れ

ではニキビができたら、どこの病院に訪れれば良いのでしょうか。

基本的にどこの病院でも診察してくれます。
“ニキビにおすすめの病院” の続きを読む

乾燥肌におすすめの病院

スキンケアの悩み

スキンケアの悩みは色々ありますが、中でもトップを突っ走っているのが「乾燥肌」でしょう。
肌には元々水分を閉じ込める機能が備わっており、どんなにカラカラに乾いた場所にいても、”干物”になることはありません。
乾燥肌とは水分を閉じ込める機能が失われ、ほんの些細な衝撃が加わるだけで、ダメージを被ってしまいます。

乾燥肌解消方法

乾燥肌解消として真っ先に挙げられるのが、保湿でしょう。
最近は保湿力に優れた化粧水やクリームがたくさん出ており、きっちりとケアを施せば乾燥肌を治すことはできます。
またエステでも保湿に力を入れている所は少なくなく、施術を受ければ瑞々しいお肌を手にすることができるでしょう。
しかし化粧水やクリームを使っただけでは、根本的な解決になりません。
エステでどんなに肌を磨いても、しばらく経てばカラカラに乾くのがオチです。
冒頭にも少し述べましたが、乾燥肌は本来肌に備わっている「水を閉じ込める機能が失われている」状態にあります。
機能そのものを回復しない限り、どんなスキンケアも無意味に終わるでしょう。

乾燥肌に悩んでいるのなら皮膚科へ

乾燥肌を徹底的に治すのならば、皮膚科に訪れるのが1番です。
皮膚科では保湿剤や、湿疹を併発していた場合はステロイド剤を処方します。
ただ乾燥肌の主な原因は日々の過ごし方にあるため、病院によっては生活指導をする所もあります。
「生活指導」と聞くとあまり良い気分はしないでしょうが、乾燥肌を治すには欠かせない事柄です。
担当医の指示をしっかり聞いた上で、改善できる所があればしっかりと改善するようにして下さい。
“乾燥肌におすすめの病院” の続きを読む

湿疹におすすめの病院

湿疹の原因

湿疹は全身に赤みが出て、強いかゆみを伴います。

かゆみは日常生活に支障が出るほどで、我慢することはできません。

湿疹の原因は色々あり、アレルギー・皮脂の過剰分泌・ストレスなど、様々です。

しかも中には、原因がいまいちよくわからない湿疹もあり中々厄介なものです。

皮膚科で行うのは複雑な湿疹の原因を追求し、個人個人に応じた治療を施します。

“湿疹におすすめの病院” の続きを読む

赤みでおすすめの病院

赤みとは?

「赤み」とは、別名「毛細血管拡張症」と言われるものです。

体には血管が張り巡らされていることは周知のとおりですが、血管が皮膚の色を変えることはあまり知られていないかとおもわれます。

毛細血管拡張症は肌の毛細血管が拡張することにより血流が増加し、血流増加の影響で皮膚が赤くなった状態を指します。

ただ皮膚が赤くなることは、誰しもが起こり得ることです。

例えば気温が高くなった時、自然と顔が赤くなることもあるでしょう。

お酒を飲んで顔が赤くなるのも、毛細血管拡張症の一種です。

でもしばらく経つと元の皮膚の色に戻るので、特に病院に行く必要もありません。

しかし時間が経っても「赤み」が消えない場合は、皮膚科に相談することをおすすめします。

“赤みでおすすめの病院” の続きを読む

はずかしい?性病の診察について

性病の診察ははずかしい?

性病になったかもと思ったら病院の診察を受け、検査や治療を受けるといいですが、この診察がはずかしいと感じる方もよくおられます。

実際には、はずかしいことはほとんどありません。

受診が遅れるほど病気が進行して悪化したり、治りにくくなったりしますから、性病かなと思ったらなるべく早めに病院を受診してください。

“はずかしい?性病の診察について” の続きを読む

アトピーのかゆみ

アトピーのかゆみ

最近患者も増えているアトピーですが、この病気の特徴的な症状となるのはかゆみです。
慢性的に強いかゆみが現れ、目の前のことに集中できなくなる、夜眠れなくなるなどすることもあります。
それほどのかゆみですから、意思で我慢するのは難しく、かいてしまうことも多いでしょう。
かくと一時的にかゆみは収まるように思えますが、やがてさらに強いかゆみとなることも多いです。
“アトピーのかゆみ” の続きを読む

肌トラブルと保険診療

肌トラブルの診察

肌トラブルが急に起きてお悩みになっている方もおられるでしょう。
早く治すためには皮膚科を受診するという方法がありますが、保険診療が受けられるかどうかは気になるところですね。
これは実際どうなのかというと、症状次第となります。
つまり症状によっては肌トラブルも保険診療を受けられますから、一部の症状なら皮膚科での保険診療も受けてみるといいです。
“肌トラブルと保険診療” の続きを読む

アトピーのかゆみ


アトピーになると湿疹や赤みといった症状が出ることも多いですが、それよりも自覚症状として強いのはかゆみとなりがちです。
かかずにおれないくらいの強いかゆみが出ることもあり、日常生活に支障をきたすこともよくあります。
症状が悪化すると血が出るまでかいてしまったり、夜に目が覚めたりするくらいのかゆみになることもあります。
“アトピーのかゆみ” の続きを読む